またやってしまった!生理になるとイライラをぶつけてしまうのは母ではなく

29歳/僧侶

つい2ヶ月前の話です。生理になる1週間ぐらい前からニキビができはじめました。「ああ、コレは生理になる前兆だ…来週あたり来るかな」と、考えられるほど。

そして程なく、何か特別な事件が起こったわけでもないのに、イライラしだすようになります。ここまでは生理にかかる皆さんも同じかと思います。

生理になると祖母に当たり散らしてしまう

しかし、それでは収まらないのが私の悪いところな訳です。なんと、私の母親代わりに育ててくれた祖母に、当たり散らす所まで発展してしまうのです。

祖母が言ったことが、ほんの些細な事案であったにも関わらず、怒鳴り散らし、恐れさせ、彼女の心を傷付けてしまうことがよくあります(祖母はできた人間なので、そんな私でも笑って許してくれます)。

祖母に説教されてキレそうになっていまい

また、生理にちょうど差し掛かったある日のことでした。天気もぐずついて、薬を飲んだにもかかわらず、身体が鉛のように重い日。

当然いつものようにハキハキ動くことが不可能な状態で、私は祖母に説教されたのです。「生理だからってイライラしたり、だるいだるいって言っていたりしてたらダメよ。それは動物と同じだよ」という具合で。

その一言で、私は堪忍袋の緒が切れる一歩手前まできてしまいました(危うく祖母をまた怒鳴り散らして怖がらせてしまう所でした)。

そしてその夜、仲の良い友達に愚痴を聞いて貰って、「キレる」状態を回避させました。友達もその状況を理解してくれたので、怒りの爆弾が爆発しなくて良かったと思っています。

鎮痛剤がなくて仕事に行けなくなった

あと一つ。運が悪いことに、鎮痛薬を切らしていたことが原因で、仕事に行くことができなくなってしまったことがありました。

夫と二人で行くような、仕事関係のイベントではありましたが、立てないほど激しい痛みに襲われてしまったので、家で寝ているしかありませんでした。

私とふたりでそのイベントに行くのを楽しみにしていたであろう夫は、心配してくれましたが、ちょっぴり淋しそうな雰囲気で家を後にしていたのを覚えています。

これら一連の出来事は、鎮痛薬が手元になかったために起こったことだと痛感しています。

なので、現在はニキビができはじめたと感じたときは、買い物ついでに薬局へ飛び込むようにして鎮痛薬を入手しています。

そのおかげで、今月生理が来たときは、特に変なトラブルを起こすこともなく平和に1週間を乗り切ることができました。

鎮痛薬があるだけで、家族やそれ以外の周囲にも迷惑をかけずに済むのか…などと改めて認識しただけでなく、

自分以外で生理がある人には優しく労るべきだなぁ、そう感じた2ヶ月間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です