第一子出産後から生理の症状が辛くなったので病院で診てもらったら

35歳/主婦

他の方はどうなんでしょう?生理前の体の倦怠感。生理がいっそきてしまえば心身ともに一気に楽になるんですが・・・。

昔から生理痛というものはなく、生理についての悩みというものはこれといって特になかったんです。

今まで生理についての悩みはなかったが

私の周りの友人たちは、生理前になると「イライラする」とか「下腹部が痛む」と困っている人が結構いたんです。

中には貧血症状に陥ってしまって倒れてしまう人まで。そんな友人たちを思えば、私の生理は快適そのものだなあと思っていたんです。

ところが、第一子を出産してから体調に変化が・・・。

生理前になると、倦怠感と頭痛と不眠だったり逆に強い眠りなど、色々と悩まされるようになったのです。

生理がくる5日くらい前からでしょうか?朝起きるのがとても辛くなり、その辛さがピークになると偏頭痛でも悩まされるのです。

そのことに悩まされているうちに今度は夜眠れなくなってしまう・・。もう悪循環ですね。

まして、子育て中の為に子供の夜泣きでまともに寝れない日が続くと辛すぎて・・。

家事がまともにできない日も・・・。

生理が辛すぎるので病院で診てもらったら

さすがに旦那から「病院で診てもらった方がいいんじゃないか?」と言われ、子供を預けて一人婦人科へ・・・。

すると、“ 月経前症候群 ”だと診断されました。これは、ホルモンのアンバランスさからくる症状だということのようでした。

そこで、病院からは漢方薬を処方してもらって飲み続けることに。桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という薬です。

これを一日3回をまずは一か月服用しました。飲み始めてすぐは変化はみられませんでしたが、半月を過ぎたあたりから体がなんとなく楽になったのを感じることができました。多分血行がよくなってきたんだとおもいます。

その後、1か月、生理前後でも飲む前と比べて心身共に随分体が楽になりました。倦怠感が依然と比べると感じなくなったことと、睡眠の悩みもなくなったことが随分楽になりましたね。

子供の夜泣きに対してイライラしがちだったものも、薬のおかげで感情が穏やかに保てるようになったのです。

旦那から言われてすぐに病院受診をしてよかったなあとおもいました。もし我慢して何がなんなのかもわからずに過ごすというのもつらかったかもしれません。

ある種、割り切りながら生理前の期間を過ごせるというのがよかったのかもしれませんね。

生理について病院で診てもらってよかった事

病院受診後、旦那がいろいろと手伝ってくれるようになったのもありがたいですね。

不思議なもので、ただ具合が悪いというのを伝えても、半信半疑で返事をされていた感があったんですが、病名がわかってからは調べて理解しようと努めてくれたり。

そういう姿勢だけでただただありがたいと思うようになりましたね。「つらい」という一言が言いやすくなったというのもありますね。

漢方薬を飲み始めてもうすぐ一年。辛い時には薬を服用することを繰り返しながら、自分自身の体調に耳を傾けてすごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です